TOP
 2014年末から48650号機の修復作業を進めてきました。
当面は維持管理などが主たる活動となります。
他地域で同じような活動をする仲間との連携はもとより、産業遺産としての鉄道の価値を多くの方々に認識して貰う取り組みも必要であり、活動に活かしていきたいと思います。


保存会の活動
 

④逆転ハンドル操作

③ブレーキ動作状況(第三動輪)

①汽笛復活



【各部の動画】

②ブレーキ動作状況

inserted by FC2 system